アナログ世代のネット副業

初心者ブログアフィリエイターの応援サイト

*

稼げるお客さんだけ集める方法

   


ここは、都内のあるホテルのラウンジです。
今日は、あるクライアントとのコンサルティングの日です。

しかし、待ち合わせ時間を過ぎても、クライアントは現れません。
(おかしいな、連絡もないし。なんかトラブルかな?)

と、しばらくしてからクライアントが現れました。

客「おゆわりさん、遅くなりましてすいません。出掛けにちょっとトラブってしまって」

(遅れる旨の電話一本できないのか、この人は)

私「そういう時は電話一本でも入れてもらえませんか?」
客「すみません。5分ぐらいならとつい。だらしない性格で、ハッハッ(笑)」

(「ハッ、ハッ」じゃねぇっつーの)

私「コンサルの時間延長はしませんがよろしいいですね」
客「こりゃ、厳しいですね。まあ、仕方ないですね」と、クライアントは少し視線を外しました。

(納得してない顔してんな。なんか腹立つわ、この態度)

私「早速ですが、先月出した課題の取り組みはどうだったか教えて下さい」
客「いや〜、それがですね〜、何とも、ちょっといろいとろと立て込んでしまって」

私「やってないんですか?」
客「そうなんですけど。うちも結構、いろいろあって大変なんですよ。わかってくださいよ」

(最初のころはもっと一生懸命だったのに。ダメだなコリャ)

私「じゃあ、今月のコンサルティングは不要ですね。先月の課題を今月やってください」
客「ちょっと、待ってくださいよ。他に何かないんですか?結構な金払ってんのにな〜」

どうでしょうか?
わたしの態度が厳しすぎると思われるかもしれません。

でも、コンサルタントとしては、絶対にこういう人を客にしてはいけません。
簡単な約束を守れない、こちらのいうことをしっかり聞いて実行するということができない

こういう人は絶対に成果を出せないからです。

成果を出してもらえなければ、コンサルタントしての業績に傷がつきます。
それに後々、クレーマーとなって、精神的、時間的にも大きなロスにつながるからです。

でも、このクライアントと契約をしたのはわたしです。

当時は契約がどうしても欲しい状況だったとはいえ、
契約前にどんな人か、ということをもっと十分に検討しておくべきだったんです。

自分に責任があるということを、十分に反省させられた一件でした。

成果を出せない見込み客を排除する

この話、ブログアフィリエイトと何が関係あるの?と、
あなたは思われるかもしれません。

でも、こういう質の低い客は、やはりアフィリエイターとしても
つき合ってはいけないのは同じです。

だれでも買ってくれれば「御の字」という発想は、
いますぐ捨てるべきなんです。

自分の客は自分でしっかり選ぶ、という発想に転換しましょう。

でも、どうすればいいんでしょうか?

アフィリエイトをする際の対策として、いくつかの例をご紹介します。

・商品の選定に気をつける

やたら「簡単」、「短期間」、「誰でもできる」を強調している商品の
アフィリエイトはやめましょう。

こういうあおり文句は、情報弱者ほど引っかかりやすいです。
つまり、質の低い客が集まりやすくなります。

自分で強調しないのはもちろんですが、
しっかりと商品の販売者のランディングページも
チェックしましょう。

・「必ず◯◯という成果がでる」という約束はしない

これを宣伝してしまうと、成果が出なかった時に、
相手の「思うツボ」となってしまいます。

「約束と違うじゃないか!金返せ!」となります。
時には、ネットにひどい書き込みをしたりする人もいます。
要注意ですね。

「今までこの商品を買ってくれた人からは、こんな成果報告が届いています。
あなたも頑張れば、そいいう成果を出せる可能性があります」

という感じで紹介しましょう。

・安易に「返金保証」はつけない

返金保証をつけると、相手のリスクが減るので
セールスには非常に強力な手段です。

しかし、「返金保証」に釣られる客はこれも質が低くなります。

本当に商品が良さそうだと納得してくれた客は、
決して返品などしないからです。

なぜだかわかりますか?

他の人が成果を出せているのだから、
結果を出せなかったのは自分のせいだと、
考えてくれるからです。

こういう人とは、その時は成果を出せなかったとしても、
次につなげて、付き合っていくべき人です。

ステップメールで理想のお客さん像をしっかり伝える

上記の3つは個々の商品のアフィリエイトをする際の注意点でした。

でも最も大切なのは、最初のステップメールで、
自分のブログ、メルマガを購読して欲しい、
理想のお客さん像をしっかりと伝えていくことです。

そうすることで、いらない見込み客は、「なんかこの人面倒くさそう」と、
配信解除をしてくれるようになります。

例えば、

「このブログ(メルマガ)では、自分の行動に責任を持てる人に読んでもらいたいです」
「アフィリエイトで成果を出せるかどうかは、最終的にはあなた次第です」
「成功をしたいなら、自己投資できる人にならないと難しいでしょう」

といった感じです。

アフィリエイトの場合は、商品の販売者の意向もあります。
ランディングページも変更はできません。

紹介文で多少、方向性を修正できるかもしれませんが、
あまり思い通りにはならないでしょう。

だからこそ、最初のステップメールはもちろん、メルマガも有効に使って、
繰り返し、あなたの理想とするお客像を伝えていくことが大切になります。

 - アフィリエイト